はんこの歴史と通販

Pocket

日々の暮らしの中では、印鑑が使われる機会も多く存在します。印鑑の起源は、わが国にある訳ではありませんが、日本の社会では、印鑑が重要な役割を担っています。

今から5,000年以上前、古代メソポタミア文明の時代に、世界で初めての印鑑がつくられたという話です。当時は、有力者だけが印鑑を所有することができました。その後、紀元前220年ごろに、秦の始皇帝によってつくられた初めての中央集権国家では、中国全土の文字が統一され、現代でも印鑑に使われる「篆書体」という書体の原型ができました。それと同時に、始皇帝の印鑑もつくられ、皇帝の権威と地位の証としても使用されました。そして、中国の後漢の時代に、日本へと印鑑文化が伝来したそうです。後に、平安時代になると、個人間にも印鑑の文化が普及したようです。

その後、明治時代には、日本の印鑑文化が大きな変革期を迎えます。公的な印鑑は法律で一括して管理され、個人の印鑑を管理するために、印鑑登録制度が導入されました。

印鑑を購入するには、リアルショップの他に、通販ショップを利用することも可能です。各々の店舗には一長一短があるので、それらを理解した上で、自分に合った方を選びましょう。

このカテゴリーでは、はんこの歴史、通販ショップから購入する方法に関して、詳しく説明してまいります。印鑑を購入しようと考えている方は、これからご提供する情報をチェックして、実生活で役立ててみて頂ければ幸いです。