わが国への伝来

Pocket

わが国では、平安時代になると、権力者だけではなく、平民の日常生活の中にも、印鑑を持つ文化が浸透してきたようです。

後に、明治時代に入ってから、わが国の印鑑文化は大きな変革期を迎えることとなります。この時代、公的な印鑑は、法律で一括した管理がなされるようになりました。また、個人の印鑑を管理するために導入されたのが、印鑑登録制度です。このシステムを原型として、現行の住民基本台帳に基づいた印鑑登録制度がつくられました。そのようにして、日本の社会に、印鑑登録制度が普及することとなりました。

契約書などで本人を確認するために使用されるものに、サインの筆跡があります。そして、サインの筆跡に加えて、その人(法人)のみしか所有しないはずのはんこで押された印影を確認することで、さらに書類の信用度が高くなるのは間違いありません。

そのようにして、印鑑の歴史をひも解いてみると、その人だけしか所有し得ない、その人だけの文字で作成されたものというのが、印鑑の本質であることをお分かり頂けるでしょう。コストを抑えて大量生産される印鑑は、リーズナブルな費用で購入することができますが、本質的な印鑑の意味という観点から見れば、クオリティの低いものと言わざるを得ません。