All posts by admin

本質的意味と通販利用

もしも、本質的な意味で質の高い印鑑を手にしたいのであれば、手書き文字で作成するなど、この世に1本しかないはんこをつくることをおすすめします。

また、印鑑は、リアルショップの他に、通販ショップに於いて購入することも可能になります。通販を利用する場合、屋外に設置された店舗まで出向く必要がないので、実店舗の営業している日時を前もってチェックしたり、現地まで往復したりするエネルギーや時間、コストを節約することができます。ただし、通販で購入した商品は、配送されるので、手元へ届くまでにそれなりの手間暇や費用が掛かります。

また、店舗を運営する業者の立場からしても、実店舗を構える必要がないため、そのためのコストが浮き、商品販売価格の低減へと反映させることが可能です。そのため、同じクオリティの品物でも、リアルショップよりも安価に入手できる可能性が高いのも、通販ショップの魅力と言えます。ただし、実店舗を訪れた時のように、商品を間近に見たり、手に取ったりして確認できないのは通販のデメリットです。そのため、商品が手元に届いてから、思い描いていたイメージと違っていることが分かり、トラブルの発生するリスクが比較的高くなります。

わが国への伝来

わが国では、平安時代になると、権力者だけではなく、平民の日常生活の中にも、印鑑を持つ文化が浸透してきたようです。

後に、明治時代に入ってから、わが国の印鑑文化は大きな変革期を迎えることとなります。この時代、公的な印鑑は、法律で一括した管理がなされるようになりました。また、個人の印鑑を管理するために導入されたのが、印鑑登録制度です。このシステムを原型として、現行の住民基本台帳に基づいた印鑑登録制度がつくられました。そのようにして、日本の社会に、印鑑登録制度が普及することとなりました。

契約書などで本人を確認するために使用されるものに、サインの筆跡があります。そして、サインの筆跡に加えて、その人(法人)のみしか所有しないはずのはんこで押された印影を確認することで、さらに書類の信用度が高くなるのは間違いありません。

そのようにして、印鑑の歴史をひも解いてみると、その人だけしか所有し得ない、その人だけの文字で作成されたものというのが、印鑑の本質であることをお分かり頂けるでしょう。コストを抑えて大量生産される印鑑は、リーズナブルな費用で購入することができますが、本質的な印鑑の意味という観点から見れば、クオリティの低いものと言わざるを得ません。

印鑑の起源と利用

日常的な生活場面の中では、印鑑が使用されるケースも多く見受けられます。印鑑は、わが国で発祥したものではありませんが、日本では、印鑑が社会的に重要な役割を果たしています。

印鑑は、今をさかのぼること5,000年以上、古代メソポタミア文明の時代が起源とされています。その頃、印鑑を持つことができるのは、時の有力者に限定されていました。そして、紀元前220年ごろには、秦の始皇帝により、中国に初めての中央集権国家がつくられました。中国の広い国土で使用される文字は、それまで多種多様に存在しましたが、新たにできた中央集権国家では、それらの文字が統一されました。そのようにして統一された文字が、「篆書体」と呼ばれる文字の原形で、現代の印鑑でも使用されています。

始皇帝は、中国全土の文字を統一するのと同時に、自身の使用する印鑑をつくりました。そのようにしてできた印鑑は、皇帝の権威と地位を証明する役割も果たしました。その後、わが国に印鑑の文化が伝来したのは、中国の後漢の時代になってからだと言われています。中国から伝わったのは、「漢委奴国王(かんのわのなのこくおう)」と彫られた金印ですが、こちらは歴史的に有名な印鑑としても知られています。

はんこの歴史と通販

日々の暮らしの中では、印鑑が使われる機会も多く存在します。印鑑の起源は、わが国にある訳ではありませんが、日本の社会では、印鑑が重要な役割を担っています。

今から5,000年以上前、古代メソポタミア文明の時代に、世界で初めての印鑑がつくられたという話です。当時は、有力者だけが印鑑を所有することができました。その後、紀元前220年ごろに、秦の始皇帝によってつくられた初めての中央集権国家では、中国全土の文字が統一され、現代でも印鑑に使われる「篆書体」という書体の原型ができました。それと同時に、始皇帝の印鑑もつくられ、皇帝の権威と地位の証としても使用されました。そして、中国の後漢の時代に、日本へと印鑑文化が伝来したそうです。後に、平安時代になると、個人間にも印鑑の文化が普及したようです。

その後、明治時代には、日本の印鑑文化が大きな変革期を迎えます。公的な印鑑は法律で一括して管理され、個人の印鑑を管理するために、印鑑登録制度が導入されました。

印鑑を購入するには、リアルショップの他に、通販ショップを利用することも可能です。各々の店舗には一長一短があるので、それらを理解した上で、自分に合った方を選びましょう。

このカテゴリーでは、はんこの歴史、通販ショップから購入する方法に関して、詳しく説明してまいります。印鑑を購入しようと考えている方は、これからご提供する情報をチェックして、実生活で役立ててみて頂ければ幸いです。